二児の母です。妊活をしていた

二児の母です。
妊活をしていた時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。
妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明する時までは緊張しましたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。
産み分けをして良かったと思っています。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、葉酸だけを摂っても不十分です。
葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリの利用を考える時には、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。
こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も今から飲んでおくと安心です。妊娠期間中だけでなく、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、つい忘れてしまったりして摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが良くあると思います。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。
それが葉酸サプリです。葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。ですから、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心できますよね。葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血に必須の栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。葉酸で血液が増産されると、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。
皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。
この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。
ですので、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。
とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外に何が入っていれば効果に期待を持てるのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。
総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分を参考に、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いとテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。友達には悲しんで欲しくないですし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思っているんです。
近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。
葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素のひとつであると知られています。
普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事での摂取が辛い時もありますよね。
そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、葉酸サプリメントに切り替えることで不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。
ですから妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお勧めです。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。
葉酸を効率よく働かせるためにも、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、避けた方が無難です。妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。
実際に日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。
体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿などに混じって排出されています。
ですから、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。
しかし、葉酸の過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。
葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに重積してくるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが不妊治療には大いに助けになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です