友達の話ですが、妊活中によく粉薬のようなものを飲

友達の話ですが、妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
彼女が言うには妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。漢方なら、妊活中でも安全性が高いのではないでしょうか。
彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠できたので、みんなでお祝いを計画しています。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、だいたい一年位たってから、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動することを思いつきました。
大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温を上げることができ、冷え性が改善したんです。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。
では、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると知られています。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、摂取をお勧めします。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、それは違います。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が重要な期間だという事です。ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。
葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量を厳守するようにしてください。
葉酸の過剰摂取によって、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。
それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。なかなか妊娠できないという人は、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体の状態というのがよく分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という決まりがあるので、それを守ってつけていくことが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。妊活の時に、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
一人目に男の子を産んでいたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けを実践していました。無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明するまで少し心配もしましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。なぜなら、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。この話はもちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るように心掛けてください。
2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言えば不機嫌になりそうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、全部飲み切らないうちに、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。妊娠してから栄養指導を受けたり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。
このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。
葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。
あるいは、野菜も代表の一つですね。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱に弱くその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です